#TIF2018 の動員数から見る「アイドル文化成熟時代」と今後のアイドル夏フェスの役割

どうも、まてこい(@matekoi)です。
月一更新になりつつありますが、、、ネタはあるんですがちゃんとまとめる時間が。

 

f:id:matekoi:20180806162810j:plain

さて、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」(以後TIF記載)3日間が終わりました。
動員数の発表が公式からありませんが(8/6 14:45段階)各ニュース記事などを見ると、ほぼ昨年と同様の動員数となったようです。

>「初日2万3500人、2日目3万500人、最終日2万7000人の計8万1000人を動員」

アイドルファンの規模数がほぼ固まりつつある

けやき坂46ひらがなけやき)が出た分、初日の動員が昨年より増えてて、2日目は昨年欅坂46が出た分が今年は出てなく動員が減っている、3日目は乃木坂463期生(サプライズで1期生出演)が昨年出て今年はなしでその代わりHKT46、NGT48出演で微減に抑えた、という傾向かと思います。

昨年より1ステージ少ない、メインステージ(HOT STAGE)がコカ・コーラステージからZepp Diver City Tokyoへ動員規模縮小、出演者減少(2017年223組→2018年211組)、記録的な猛暑というマイナス要素があるにも関わらず昨年とほぼ同規模の動員を図れたのは、事前からの準備や広報・広告活動や“厳選した(敢えてこう書く)”出演者が功を奏した結果かと思います。

方や、昨年から動員が頭打ちの傾向にあるのは、アイドルファンや嗜好するファン層の規模がいよいよ固まってきたな、という傾向にもあるように思えます。

「アイドルブーム」から「アイドル文化成熟時代」へ

規模が固まってことで、昨今の「アイドルブーム」が数値として天井を迎えたことを告げ、アイドルを嗜好するファン向けの「アイドル文化成熟時代」へ突入したことが明確になったと見えます。

また今年は、今までのアイドルブームを支えた“中堅アイドル”が解散・卒業をするという傾向もブームが節目を迎えたということを告げています。


周りの残ったアイドルファンを見る限り、この3グループが生み出したアイドルファンとほぼ似た層が今TIFに参加しているアイドルファンになっていると思われます。

すなわち、アイドルファンも成熟時代を迎えています。

なので、今後のアイドル運営やアイドルフェス運営はこの層を如何に呼び込むか、というところに終始する傾向が、大きなパラダイムシフトが起きない限り、続く傾向にしばらくあることが予想されます。

 

「アイドル文化成熟時代」のアイドル夏フェスはどうなる?

アイドル層が固まった「アイドル文化成熟時代」において、アイドル夏フェスにくる客層は大きくブレないため、今後のアイドル夏フェスが存続するには、一人当たり単価(ARPU)を上げていく必要があります。

昨今の夏フェスで導入されている「VIPチケット」「プレミアムチケット」などはその傾向として分かりやすい物になってきますね。

今年のこれらのVIP的なチケットの売上はあまり大きくないようですが、今後はより中間層を狙った「セミVIPチケット」などもより販売されていき売上に寄与していくと思います。

したがって、今いるファンやアイドルで回していく「アイドル文化成熟時代」においてのアイドル夏フェスは、「新旧アイドル見本市」から「既存アイドル娯楽市」によりシフトする役割になると考えられます。

 

「アイドル文化成熟時代」のアイドルはどうなるか

“中堅グループ”が離脱したことは一見すると他のグループが台頭していくように思われますが、それら“中堅グループ”がある種の「天井」を見せたことで、アイドル自体も大きく跳ねるグループ(有り体に言うとPerfumeももクロなどのような規模)は出てこない傾向にあります。

なんてったって、母数がもう見えてしまっているのですからね。

実際、そのような状況を見据えて地道な活動に終始するグループが増えていることはすでに見えてきている状況です。

 

「アイドル文化成熟時代」の打開は海外にアリ?

今年のTIFにも初出演したグループで「BNK48」があります。

すでに地元タイのバンコクではイベントやライブを行えば1万人規模で集客できるアイドルグループになってます。

東南アジアのアイドル文化は、一時期日本的なアイドルが勃興しましたが、世界的なK-POPブームが訪れ、日本的な要素を取り入れた海外アイドルもK-POP化したりしました
(例:Neko Jumpなど)

しかしここにきてBNKのようなアイドルが地元で指示されているのは、K-POPブームが海外でも一回りし、アニメ・ゲーム文化に起因される「第三の文化」としてのアイドル文化が芽吹き始めている傾向でもあります。

すでに日本でも「STARMARIE」などが積極的に海外に独自で打って出ており、海外の地元ファンが日本の公演を見るために来日する、という現象も起きてます。

この傾向は日本だけで閉塞した「アイドル文化成熟時代」への打開策の1つになるのでは、と個人的に期待しています。
TIFも海外に展開しており、アイドルフェスもより海外向けに行う傾向はありそうですね。

 

「アイドル文化成熟時代」には大きなパラダイムシフトが必要

「アイドル文化成熟時代」を抜けるためには、しばらくの間は今ある母数のファンや観客をフェスやアイドル運営が意識しつつ、海外展開など新たな“パラダイムシフト”へも積極的に展開・投資などをしていくことが、今後必要になってくるのではないでしょうか。

個人的には、日本のアイドル文化には非常にこれからも伸びしろがあるジャンルだと思っているので、アイドルスケジューラーなども海外展開しないとな、とか思いつつ、引き続き見守って共に歩んで行きたいと思ってます。

「アイドル“Jリーグ化”構想」メリットと可能性とその先の「アイドル“ワールドカップ”構想」

どうも、まてこい(@matekoi)です。
またもだいぶ日が経ってしまいましたが、、、ネタ考えるのも大変ですね。

 

今回は、昨今盛り上がったサッカーにちなんで、最近自分で考えていた「アイドル“Jリーグ化”構想」というお題でまとめたいと思います。

 

アイドルの単独ライブ・コンサート開催が昨今危うくなっている?

様々なアイドルが自身で単独ライブやコンサートを開催していますが、なかなか成功している事例が少ないように昨今思えます。

 

具体的に言うと、乃木坂46欅坂46やAKBグループなどが開催しているドームや球場クラスのコンサートは傍目から見ても規模や仕掛けや、勿論グループが持つ魅力全てがつまっており、大変魅力的に感じられます。具体的な勧興収入は分かりませんが経済的にも成功例と言えるパターンです。

 

しかし、その規模で行えるアイドルはまさにごく一部で、日本武道館中野サンプラザZepp TokyoZepp DiverCity Tokyoを埋めるのも非常に困難なアイドルがほとんどなのが現状だと思います。


そして、これらの“箱”でライブを開催したアイドルも存在しますが、ここではバイネームは挙げませんが、「失敗した」と思われるグループが多いのは皆さんも実感されていると思います。「失敗」の定義は色々ありますが基本的には集客面です。

 

敢えてバイネームを挙げるとすれば、Negiccoは2016年にNHKホールで開催しましたが、以後この規模での単独ライブを開催していませんし、半ば放棄しています。

natalie.mu

Negiccoの場合は記事中にもあるように、戦略的にこの規模のライブを避けています。
10年以上のキャリアがある古参グループでも非常にリスキーなのに、ぽっと出のアイドルがここまで来れるのかは、実力以外の運が必要だと思います。

 

運に頼るくらいなら、博打的な単独ライブを開催しないでも、定期的なイベント出演やリリース特典会や握手会をした方が経済的には満足です。


という事で、アイドルが単独ライブ・コンサートを開催するのは非常に困難だと分かります。

 

単独が難しいならアイドルが集合してイベントをすればいい

TIFなどのアイドルフェスもそうですが、アイドルが集合してイベントを開催することは非常に合理的です。

物販で潤い、ライブ出演もでき、他アイドルファンの取り込みができ、色々なアイドルを見ることが出来る、などが具体的なメリットです。

なので現在のアイドルシーンはアイドルが集合したイベントが主戦場です。

 

アイドルがただ集まればいいってもんじゃない?

ですが言葉を選ばずに書くと、「売れないアイドル」が幾ら集まってイベント開催しても集客には限界があります。そして問題は、「売れないアイドルの中にホントは魅力的なアイドル」がいて、こういったアイドルが陽の目を見る機会が得られないことです。

 

そこで「アイドル“Jリーグ化”構想」

「アイドルお宝くじ」という番組が過去あったことはご存知の方も多いと思います。

www.tv-asahi.co.jp

アイドル同士がライブパフォーマンスを毎週行い勝ち抜いていく番組で、ジャッジは実際にそのライブを見たお客さんが行います。
私も何回か参加しましたが、割と公平な目で見れるシステムだと思います。

 

例えば、この「アイドルお宝くじ」システムを、サッカーのJリーグのように毎週開催し、総当たり戦で、シーズン毎に、全国各ライブ会場で行い、順位を付ける、ということをすることで、

「売れないアイドルの中にホントは魅力的なアイドル」

が見つかる土壌が出来るのではないかと思います。
しかもライブパフォーマンスでジャッジされるので実力八中で判断され、課金などで判断されることなく、公平です。

 

「アイドル“Jリーグ化”構想」のメリット

この構想のメリットとしては、リーグ化することでスポンサードしやすいということです。


イメージ的には、Jリーガーがユニフォームにスポンサード広告を載せる。アニメでいうと「タイガー&バニー」のヒーロー達にそれぞれスポンサーがついていて、活躍すればするほどTVなどでスポンサー名が露出するところでしょうか。

twitter.com

 

また、普段のリリースイベントやアイドルフェスや、変な話路上ライブなどでもスポンサー名が露出されるので、スポンサードメリットも大きいですよね。
アイドル側は活動すればするほどスポンサーがつくので、ライブするだけで潤う可能性もあります! 衣装がスポンサー名だらけになっちゃったりね。

 

「アイドル“Jリーグ化”構想」の先の「アイドル“ワールドカップ”構想」

アイドルをリーグ化して、アイドルファン以外にも注目が集まり盛り上がれば、それを世界的に広げて各地で同じようなリーグ同士がぶつかり合い、最後は世界的な規模で戦う「アイドル“ワールドカップ”構想」もあると思います。

そうすると、さらに世界的な企業をスポンサードしたり、逆に日本企業が世界進出するために世界のアイドルにスポンサードする、などシナジーも出来るのではと。

 

ということで、今回はアイドルのリーグ化構想についてまとめてみました。

っつか割と本気で考えているのでどこかこの企画実現させてください。

アドバイザーとして私もリーグ理事とかになりますのでw 是非ともよろしくお願いします。m(_ _)m

アイドルのスケジュールTwitterで書いて終わり問題、もしくは公式サイト見づらい問題

どうも、まてこい(@matekoi)です。
はてなブログ初エントリーからしばらくぶりの記事になりますすいません(忙

 

今回は普段「idol scheduler(アイドルスケジューラー)」でどのようにスケジュールを更新しているかと、「アイドルのスケジュールTwitterで書いて終わり問題もしくは公式サイト見づらい問題」の問題提起になります。

idolscheduler.jp

 

どうやってスケジュール更新しているの?

idol scheduler(アイドルスケジューラー)」には、あらかじめ登録されているアイドル・アーティストがあり、その方たちのスケジュールなどを主に集めて掲載しています。

登録されているアイドル・アーティストは私の独断と偏見です。

「今話題になってるなあ」「これから話題になりそうだなあ」という独断と偏見で選んでおりますので、「なんでこのアイドル載ってないの?!」とか色々な意見もあります。逆に、「これ載せた方がいいよ」など情報ありましたら積極的に欲しいです。

で、この登録されている方たちの公式サイトに行って、片っ端から掲載されているスケジュールを追加しています。

f:id:matekoi:20180612150626p:plain
巡回先の公式サイトなどは「はてなアンテナ」で管理しています。
管理しやすいように事務所や規模などで分けていますね。

「AKB系は1週間に1回くらいの巡回」「地下アイドル・ライブアイドルはその週分のを随時追加」など、更新頻度はバラけています。

こうして分けていると事務所毎の動きや、似たグループ・近しいグループの動きが見れるので、スケジュール入れているだけで横の繋がりが見えてきたりします。

f:id:matekoi:20180612151303p:plain
スケジュールの入力は専用の入力ページを設けて入力しています。
基本的には公式の情報をコピペで入力しているので、公式サイトの情報が間違ってるとこちらの情報も間違ったまま入力されます。(勿論あとで修正も出来ます)

 

スケジュールをTwitterに書いて終わり問題

で、基本的にこうして手入力でひたすら機械的に入力していくのですが、この公式サイトに情報が載らないアイドル・アーティストさんがたまにいます。というか、結構います。

ぶっちゃけ、とても困ります。

で、そういう方たちって「告知してないの?」というと、告知はしてるんです。
ただしTwitterなどで。


Twitterは確かに拡散されるし、最早いろいろな人たちが利用するサービスなのでいいと思うのですが、如何せんTwitterは情報が流れていってしまうので、見逃してしまう可能性が高いです。

そして、私もスケジュールを追うのにTwitterだけでは非常に苦労します。というかTwitterのスケジュール情報はほぼ載せていません。

 

公式サイト見づらい問題

で、ちゃんと公式サイトでGoogleカレンダーなどでスケジュールを入れている方たちも多いです。
ただし、PCだと画面が広いのでちゃんと見れるのですが、スマホで見ると画面幅が狭いので表示が崩れてたりちゃんと全部把握できなかったりします。

 

実はこれ非常に勿体ないと思うんです。
せっかく興味をもって公式サイト見てきてくれたのに「見づらくて分からん。。。」って終わっちゃうこともままあるんですよね。
今ってスマホでインターネットする人がほとんどだろうし。

 

解決方法&良い例

一つの解決方法として良い例があるのでいい機会ですのでご紹介します。
それは「ブログでスケジュールまとめちゃう」ということです。

ameblo.jp

Ange☆Reve」さんはアメブロでスケジュールをまとめていて、しかも定期的にこのまとめているエントリー記事を更新されています。
これ、非常にイイと思います。見やすいし、ちゃんと詳細のブログエントリーにリンクを貼ってるし、何よりアメブロなのでテンプレが決まってますので、スマホで見た際も割と見やすいです。

 

「公式サイト作ると保守とか面倒だなあ」「Googleカレンダーも見にくいしイマイチ」というアイドル運営さんは取り入れてみることをおススメします。

っつか、そうすると私のスケジュール入力が非常に楽になります。

※あと、「アイドルスケジューラーで直で入力したい」という運営さんもお待ちしております!

是非ともよろしくお願いします。m(_ _)m

アイドルに”課金賞レース”以外の、すこしのHappyを

どうも、まてこい(@matekoi)です。
はてなブログでは初エントリー記事になります。

 

5月初旬に自分が運営している「idol scheduler(アイドルスケジューラー)」にて新サービスとして、アイドル投げコインサービス「naGeco(ナゲコ)」をリリースしました。

www.value-press.com

 

おかげさまで様々な方に様々な反応をいただいており喜んでおります。

その反面、まだまだサービスとして説明不足な部分が多く、誤解を招いてしまっている部分もあり、今回「開発者ブログ」的な立ち位置で本エントリーを上げました。

 

これはどういうサービスなのか?

サービスの見た目は、「CHEERZ」「.yell plus(旧DMM .yell)」などに近い形をしています。

 http://idolscheduler.jp/img/img_lp_cont1_service.png

見た目からお分かりのように、アイドルさんやアーティストさんが写真や画像などを投稿いただき、それに対してファンの方が「ギフティング」、分かりやすく言うと「投げ銭する」そういったサービスです。

 

https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1Njc4MyMyMDE3NjcjNTY3ODNfbGVuRXl1YW52WC5wbmc.png

説明ページでも表記していますが、本サービスはその「ギフティング(投げ銭)」の売り上げを、そのまんまアイドルに還元する、というものです。

とあるアイドルに本サービスで1万円ギフティングしたら、1万円のAmazonギフト券がそっくりそのまま、100%アイドルに還元されます。決済手数料や利用料などの中抜きは全くありません。

 

100%還元したら利益が出ないんじゃないのか?

これ、よく言われるのですが、実は利益でます。ただしちょびっとです。  

f:id:matekoi:20180531130509p:plain

ギフティングする際にAmazonギフト券を購入してもらうのですが、このAmazonギフト券購入がアフィリエイトになっています。

アソシエイト・セントラル - Amazonアソシエイトへようこそ - アソシエイト・プログラムとは?

ギフト券の紹介料は4%なので、 その4%分が本サービスの利益になります。

 

分かりやすく書くと、

  1. アイドルAさんに100円ギフティングする。
  2. 紹介料として4円が利益としてこちらに入る。
  3. アイドルAさんには100円分のAmazonギフト券がそのまま送られる。

こういった構造になってます。なので、説明ページで書いている、
「100%売り上げをお支払い」できるようになってます! 怪しいサービスではないことはご理解いただけたと思いますっ(これもよく言われる

 

なぜこのサービスをリリースしたのか? 

ギフティングサービスと言えば、「CHEERZ」「.yell plus」動画系では「SHOWROOM」もありますよね。私も利用したことは勿論あるのですが、これらのサービス結構楽しいです。

 
ですが他の側面から見ると、自分の好きなアイドルがアプリ内の賞レース(1位のグループは街頭ビジョンにMVが流れる、など)に参加すると、非常に重い課金をしないと上位に食い込めません。

まあそりゃそうなんですよね、それが賞レースなんで。ただ、

  • 大きな課金額に対してのユーザーへのリターンが薄い
  • 逆に少額の課金では満足なリターンが受けられない、ほぼない
  • 賞レースに勝ったとしても、アイドルの活動に大きな影響がない
  • 課金をしてもらってもアイドル側にあまり利益は還元されない
    etc......

など、不満な要素も大いにあります。

 

私はこれらの会社さんと多少お付き合いがあるので否定はしないのですが、昨今とりわけこういう「課金賞レース」のサービスが非常に多くなっているのでは、と感じました。

 

賞レースは賞レースとして存在していて、
それ以外の選択肢があっても良いのでは?
というのが今回このサービスをリリースした意図になります。

 

このサービスをどう使ってもらいたいのか?

ユーザーさん側は、

  • 40円からと少額で課金できるので、無理のない範囲で自分の好きなアイドルやアーティストを応援、気持ちを伝えてもらいたい
  • 地方などに住んでいて遠くのライブなどに通えないけど応援したい場合に使って欲しい

アイドル・アーティスト側は、

  • 自身の、自グループの活動費用の創出
  • 現在はアイドル活動していないが、これから再度アイドル活動しようと思っている人の準備金の確保
  • 物販などを作る手間やコストや撮影会参加は面倒などで避けたい、だけど活動費は欲しい、その場合の少額の販売利用(高額でもいいですけど)

などなどに利用してもらいたいです。

 

Twitterによく写真などを無料で公開しているアイドルさんいますよね。
非常にファンとしては有難いのですが、「無料で公開して勿体ないなあ」とも思うので、本サービスに投稿いただいて少しでも活動のお役に立ててもらって、長く活動できる足しになってもらえればファンの人にとっても有難いことなのではないでしょうか。

 

今後実現・実装したいこと

現在は写真のみ投稿可能なので、今後は音声や動画も投稿できるように開発していきます。

 

最後に

自分の好きなアイドルが長く活動できるように、アイドルさんも無理なく賞レース以外での活動ができるように、ほんのすこしでもファン・アイドルがHappyになってくれるサービスになってくれればなと思います。

今後も開発状況などは本ブログでお届けできればと思いますので、よろしくお願いいたします。